iPhone・Androidのアプリ情報・人気アプリのレビューなどの情報サイト

2018/05

21

【パズドラ】「マガジンオールスターズ」コラボ第2弾、開催決定!

「マガジンオールスターズ」コラボ第2弾決定!

「マガジンオールスターズ」コラボ第2弾決定!

 『パズドラ』に、『週刊少年マガジン』や『月刊少年マガジン』、『週刊ヤングマガジン』から様々なキャラクター達が登場する「マガジンオールスターズ」コラボ第2弾を、2018年5月28日(月)より期間限定で開催することが決定いたしました。

 「マガジンオールスターズ」コラボでは、『FAIRY TAIL』や『七つの大罪』をはじめ、『ツバサ -RESERVoir CHRoNiCLE-』、『3×3EYES』、『修羅の門』など幅広い世代に愛され続けている名作のキャラクターが、続々とコラボガチャやコラボダンジョンに登場いたします。

 第2弾となる今回は、『はじめの一歩』から「幕之内一歩」と「宮田一郎」が、『鉄拳チンミ』から「チンミ」と「シーファン」が新たに参戦。『パズドラ』をさらに盛り上げます。

 さらに、「モンスター購入」では、前回登場した『FAIRY TAIL』の「エルザ」に加え、『はじめの一歩』からリーゼントがトレードマークの「鷹村守」がラインナップに加わります。なお、「鷹村守」は、2018年5月30日(水)発売の『週刊少年マガジン26号』でも入手が可能です。(Androidユーザー限定となります)

 「マガジンオールスターズ」コラボの詳細については追ってお知らせいたします。続報にどうぞご期待ください。

【コラボ実施期間】2018年5月28日(月)10:00 ~ 2018年6月11日(月)9:59
【URL】https://pad.gungho.jp/member/collabo/magazine/180521_magazine.html

▼コラボ参加タイトル
川原正敏『修羅の門』
CLAMP『ツバサ -RESERVoir CHRoNiCLE-』
鈴木央『七つの大罪』
高田裕三『3×3EYES』
前川たけし『鉄拳チンミ』
真島ヒロ『FAIRY TAIL』
森川ジョージ『はじめの一歩』

▼コピーライト表記
© 川原正敏/講談社
© CLAMP・ST/講談社
© 鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS
© 高田裕三/講談社
© 前川たけし/講談社
© 真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京
© 森川ジョージ/講談社

『パズル&ドラゴンズ』基本情報
タイトル:パズル&ドラゴンズ
ジャンル:パズルRPG
対応機種:iPhone/iPod touch/iPad  iOS7.0以降の対応端末/Android OS 4.0~8.1の対応端末/Kindle Fireの対応端末
公式サイト: http://pad.gungho.jp/
特徴:お気に入りのモンスターと一緒に、パズルで冒険する定番パズルRPG!登場するモンスターは3500種類以上!自分だけの最強チームを作り、強敵が待ち受けるダンジョンに挑むのは君だけじゃない!他のプレイヤーとフレンドになって一緒に冒険しよう!
App Store :http://itunes.apple.com/jp/app/id493470467
Google Play :https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gungho.pad
Kindleストア :http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ANI9PIW/ref=mas_pm_puzzdra
auスマートパス :https://pass.auone.jp/app/detail?app_id=9351610000001
コピーライト表記  :© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
※Android™およびGoogle Play™は、Google Inc.の商標、または登録商標です。
※本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
新着記事
06/04

22:14

GitHub公開3日で100スター越え!仮想通貨ウォレットアプリ『Wei Wallet』のOSS(オープンソース)化が正式に完了
06/04

22:10

『全国タクシー』『Google Pay』決済で最大1,500円プレゼント!『初夏の移動を応援!!Google Payキャンペーン』
06/04

22:03

LINEで簡単。たったの1分で将来の年金額を自動試算!金融機関向けサービス向上アプリをリリース。
05/31

17:08

freee が「人事労務freee」のモバイルアプリをリリース。モバイルアプリの活用と勤怠機能の強化で、日々の勤怠入力を効率化