iPhone・Androidのアプリ情報・人気アプリのレビューなどの情報サイト

2018/04

27

中古品の買い取りアプリ「そっきん」、上限15万円・梱包不要で集荷も

株式会社マクサス(代表取締役:関憲人、所在地:東京都品川区東五反田1-9-2、ダイアパレス五反田ビル2階)は、不要になった家電製品、パソコン、時計、カメラ、スニーカー、楽器などの買い取りアプリ「そっきん」を開発、4月27日から営業を始めます。買取価格が即座に自動算出で提示できる約10万点の登録データベースを構築し、上限15万円で即時買い取りできる体制を整えました。買い取った品物は2週間以内に専門の業者、ヤフーオークション、アマゾン、古物市場、輸出などのルートで転売します。同様のサービスはメルカリナウやCASHが展開しているものの、ブランド品中心で上限2万円まで。これに対し「そっきん」は、いわばリサイクルショップのオンライン版として、カテゴリーが多く、上限価格も高く設定しています。
■「そっきん」の特徴
1.アプリをダウンロードし、カテゴリーを選択して写真撮影をするだけで査定完了
2.買取価格が15万円までと高く、買取カテゴリーも多い
3.梱包不要! ヤマト運輸が商品に合った箱を用意して集荷にやってくる

 
【画像】アプリ「そっきん」イメージ3点

【画像】アプリ「そっきん」イメージ3点


利用者はスマートフォンのアプリを起動してカテゴリーを選択、次に新品(未使用)、美品(付属品完備)、中古(動作可能)のどれかを選び、写真撮影します。そうすると査定金額が提示され、納得すれば振込依頼をして取引が成立します。マクサスは買取金額を振り込んだ後、ヤマト運輸に委託して集荷します。利用者が梱包する必要はなく、梱包・集荷の費用も株式会社マクサスが負担します。リユース市場拡大のネックとなっている取引や発送の「面倒さ」を徹底してなくすことにより、家庭に眠る資産(全国で総額約15兆円分。株式会社コメ兵・2014年調査より)の流動化を促します。限られた資源を有効活用して豊かな生活「SMART LIFE」を創造するのが狙いです。利用に当たっては、古物取引に必要な身分証明書の登録だけでなく、セルフィー画像(身分証明書と顔写真が一緒に写っているもの)の登録を義務化し、不正防止を図ります。

■今後の展開
環境省の調査によると、2015年の国内リユース市場規模は最終需要ベースで約3兆1000億円、品目別で最大の自動車・バイクを除いても1兆1000億円の巨大市場。株式会社マクサスは19年半ばまでに登録データベースを10倍の100万点に拡大し、「リユース業界のアマゾン」を目指します。

4月末をめどに、アプリ内にチャットオペレーター機能を追加して、買取価格の交渉、操作方法、状態選択、買い取りの流れに関する相談ができるようにします。また、5月には手動査定機能を追加し、データベースに登録されていない中古品にも対応します。登録データベースを100万点に拡大する過程においても、幅広い中古品を扱えるようになります。現在のアプリはアイフォンのみとなっていますが、6月にはアンドロイドのスマホにも対応し、一気に利用者を拡大します。買い取り数は6月末までに累計1万点、19年6月期(18年7月~19年6月)は累計11万点、20年6月には月2万点を見込んでいます。

■マクサスについて
株式会社マクサスは12年10月に設立。これまでは査定オペレーターがビデオチャットで買取金額を確定する「SEL-LIVE」を都内周辺で展開してきました。「そっきん」の営業開始により、全国・24時間対応となり、飛躍的な需要拡大を見込んでいます。17年6月期に2億3000万円だった売上高は18年6月期に6億円、19年6月期に30億円を計画しています。将来は株式上場を目指しています。

【買い取りアプリ「そっきん」の主な登録データベースカテゴリー】
iphone、スマホ、ipad、タブレット、mac book、ノートパソコン、iMac/Mac pro/Mac mini、デスクトップ、カメラ、テレビゲーム機、ポータブルゲーム機、ipod/ウォークマン、ギター/ベース、楽器、スマートウォッチ、腕時計(カジュアルウォッチ)、オーディオ、スピーカー、BD/HDDレコーダー、電子タバコ、筆記具、ゴルフ用品、ドローン、掃除機、テレビ(~22インチ)、モニター(~22インチ)、スニーカー、スーツケース、イヤホン/ヘッドホン、釣具、アウトドア用品

【買い取りアプリ「そっきん」をダウンロードできるページ】
https://itunes.apple.com/jp/app/id1344658315?l=ja&ls=1&mt=8

【買い取りアプリ「そっきん」のURL】
https://sokkin.jp/

■代表取締役 関憲人
1990年生まれ。中卒起業家。子供の頃から起業家を目指し、高校中退後、ニュージーランドへ留学。帰国後不動産会社で経験を積んだ後、2012年10月、SJCコーポレーション(現マクサス)を設立。約15兆円と言われる家庭に眠る資産を売りやすくする仕組みを作ることで、中古に限らず豊かな消費活動が出来る社会の実現を目指し、リユース事業を展開。従来の中古総合買取サービス「買い取りマクサス」や、ビデオチャット型中古買い取りサービス「SEL-LIVE」を展開中。

【株式会社マクサスの概要】
設立         :2012年(平成24年)10月1日
資本金      :1000万円
代表取締役:関憲人
事業内容   :ネット型リユース事業
所在         :東京都品川区東五反田1-9-2、ダイアパレス五反田ビル1階
電話番号   :03-5422-9581
URL      :https://www.makxas.com/
新着記事
06/04

22:14

GitHub公開3日で100スター越え!仮想通貨ウォレットアプリ『Wei Wallet』のOSS(オープンソース)化が正式に完了
06/04

22:10

『全国タクシー』『Google Pay』決済で最大1,500円プレゼント!『初夏の移動を応援!!Google Payキャンペーン』
06/04

22:03

LINEで簡単。たったの1分で将来の年金額を自動試算!金融機関向けサービス向上アプリをリリース。
05/31

17:08

freee が「人事労務freee」のモバイルアプリをリリース。モバイルアプリの活用と勤怠機能の強化で、日々の勤怠入力を効率化